2018/05/10

オオスズメバチを弔う Mourning asian giant hornet

2018.5.10

数日前、「ストチュウ」という罠を仕掛けた。毎日のようにうちの庭に来るスズメバチを捕獲するためだ。特に悪いことをするわけではないが、いつ何があるかもしれないし、近くで巣を作っているというのも不安である。
I sat a trap called "Sutochu" several days ago. It was to catch Asian giant hornets that come to my garden almost every day. It or they do not do any particular harmful thing. However, who knows what will happen, also it has been bothering me imagining there is a nest near our house.

その罠というのはペットボトルの四面に穴を開けたもので、中には砂糖と酢と酒のミックスが入っている。
The trap is a PET bottle with openings on the four sides, and there is a liquid inside of a mixture of sugar, vinegar, and sake.



Until today there were only a bunch of small ants, but when I checked it in this evening, there was one Asian giant hornet struggling. While I watched for a few minutes, she was wallowing. 
今日までは蟻しか入っていなかったが、夕方に見たら中でオオスズメバチが一匹もがいている。しばらく見ていたが、ずっともがいている。


What was she thinking? Oh shoot, this is the end of my life. Is there anything I can do? Alas, if I come home, it is OK, however, if not, the babies left at the nest would also die. Those might be what she was thinking. I started to feel sorry, but as I have my reason, I cannot help her.
  
何を考えているのだろう。しまった、これで自分の命も終わりだ。なんとかならないか。ああ、帰りゃあいいが、帰らぬ時ゃあ、巣に残してきた子供達も死んでしまう。なんてことかもしれない。哀れになったが、こちらにも都合があるから、助けるわけにもいかない。

Thinking that it would stop her suffering, I poured a little of ethanol for disinfection. She stopped moving in seconds. You should not underestimate ethanol.
せめて苦しまずに出来るかと思い、消毒用エタノールをほんの少し注いだ。あっというまに静かになった。恐るべしアルコール。

2018/05/04

芍薬とバラ Peony and Rose

2018.5.4

去年は芍薬にバラが覆いかぶさるように育ち、日照を奪われた芍薬は1輪しか咲かなかった。今年は、その経験から、バラを強く剪定し、誘引も工夫して芍薬によく日が当たるようにした。
Last year, branches of a rose grew over peonies, and peonies were not able to receive enough sunshine. Because of that, only one peony bloomed. This year, learning from the experience, I heavily pruned the rose and lead the branches considering the peonies to have them receive sunshine. 

 たくさん咲いた。
The result is a lot of flowers.

強剪定してもバラは去年以上に咲きそうだ。可愛がり過ぎもいけないということだね。
Even I heavily pruned the rose, it has a lot more flowers than the last year. The lesson is too much cosseting is not good.

2018/03/25

植え替え Replant

2018.3.25
うちには幾つか大きなアガベがある。しかし、これだけが大きなポットに植えられている。他は皆地植えだ。このアガベはここ数年あまり調子が良くないように見えた。
I have several large Agaves. But this is the only one that is planted in a large pot. All the others are planted on the ground. It has been looking not so healthy for these few years. As it is big and heavy.

これをどうにかする気があまり起きなかったのは、重いからだった。しかし、このポットにはマツバランが生えていた、そしてマツバランもあまりここにいるのが嬉しくないようだった。そこで、アガベを植え替えて、同時にマツバランも救出しようと決めた。
The reason I was reluctant to do anything about this is it is very heavy. In the same pot, however, there were several whisk ferns growing, and they didn't seem to be happy to be there. Thus, I decided to replant the agave and to save these whisk ferns at the same time.
アガベをポットから抜くのは容易ではなかった。根を深く伸ばしていたのだ。そして、小さくて弱々しいマツバランを護るためには力づくというわけにもいかなかった。
It was not easy to remove the Agave from the pot, as it has extended the roots very deeply, and I could not use brute force to protect the small and fragile whisk ferns.

何十分かして、何とかマツバランを護りながらアガベを抜くことが出来た。根は用土のずっと下まで伸びてポットを軽くするために入れてあった発泡スチロールの中まで伸びていた。スチローの中では根も働けなかったのだろう。大きな石は鉢のバランスを取るために底に入れてあった。
After tens of minutes, I was able to manage to remove the Agave while protecting the whisk ferns. The roots have gone far below the soil and into styrofoam that was used to lighten the whole pot. I guess the roots was not able to function in the styrofoam. The big stone there was placed at the bottom to balance the pot.

マツバランは別の鉢に植えた。大きい方の鉢の用土の下には幾つか松葉蘭の根が植えられている。
The saved whisk ferns were planted in separate pots. There are some roots under the soil in a larger pot.
悪くなっている根を切ってからアガベは元の鉢に戻した、用土をかなり追加して。
I put back the agave into the original pot with plenty of more soil after I pruned unhealthy roots.

皆元気になってくれればいいが。
I hope all of them get healthier.

2018/01/10

16度水槽 16 Degree Tank

2018.1.9
水槽の温度設定の話である。去年の冬は20℃であった。今は16℃、昼間は部屋の暖房のために通常それ以上になっているが。
It is about the temperature setting of my fish tank. Last winter, it was 20 deg. Celsius. It is 16 deg. now although the temp usually gets higher than the setting during the daytime because of the air conditioning of the room.

温度を下げられるようになった理由は、数か月前に起きた悲劇のためだ。11月初めの週末に、家族で3泊4日の小旅行に出た。毎年12月にヒーターを入れるので、ヒーターは入っていなかった。その週末に寒波がやってきた。私たちは旅の途中で今年はじめての雪に遭遇した。
The reason I can lower the temperature this year is that of the disaster happened a few month ago. One weekend in the early November, we went out for a short trip for four days. Every year, I start heating in December, so the tank was not heated. A big chill came at the weekend. We encountered the first snow fall this year during the trip.

家に帰ると、名前の判らないシクリッドとカージナルテトラが死んでいた。温度は10℃以下であった。去年はイカリムシで魚を全部殺してしまい、今年はこれだ。彼らには誠に申し訳ない。元気だったのはゴールデンアカヒレとヤマトヌマエビと、そして思いがけずアフリカンランプアイだった。
When I came home, I found unnamed cichlids and Cardinal Tetras were dead. The temp was lower than ten deg. C. Last year I killed all fish in the tank because of parasites. And this year this. I did not have a word to apologize them. What were fine were Golden White Cloud Mountain Minnows, shrimps, and unexpectedly an African Lamp Eye

高い温度が必要な魚は死んでしまったので、今年は去年より温度を下げることにした。省エネである。もっと下げられるのではないかと思うのだが、昼間に水音が上がった時設定温度と離れすぎるとコントローラーが警報を出すので、16℃にしている。
As fish needs higher temperature was dead, I decided to lower the temp. Saving energy. I think I can lower the temp more, but the temp controller I have starts beeping when the water temp differs a lot from the setting. So I have it as it is.

後に、普通のアカヒレとインディアングラスフィッシュを入れた。これらも低温に大丈夫な魚だ。
Later I added some more regular White Cloud Mountain Minnows, and Indian Glass Fishes. They also withstand low temperature.

現在、水槽は半分テラリウムになっいる。この一角は暫く陸(湿地)になっている。ここにはペペロミア、ミクロソリウム(ヌカボシクリハラン)、クリプトコリネ、クリプタンサスなどが植わっている。前方の溶岩には穴を掘ってムシトリスミレが植えてある。
Now the tank is a half terrarium. This corner has been wetland above water for a while.  The area is covered with Peperomias, Microsorium, Cryptocorynes, Cryptanthuses, etc. The lava stone in the front was caved and butterworts are planted.

もう1つの湿地部分。ここは最近陸上化したので、植物はまだ新環境に慣れるため苦労している。ラッフルソードの花が咲いている。後方にあるのはやはり溶岩石で、ミクロソリウム、アロマティカス、マメヅタ、白虎ウラボシ等が這っている。
Another wetland area. Since it was made above water recently, plats are still struggling to adjust to the new environment. An Echinodorus major is flowering. In the back, there is also a lava rock covered with Microsorium, Aromaticus, Green Penny Fern, and another type of Polypodiaceae.

水中の部分。上からの景色。
Sunken area. A view from above.

前方右の角。
Front right corner.
前中心の景色。
Front center view.

前左側、ヒーターがある。
Front left with a heater.

2018/01/08

種かな? Seeds?

2018.1.8

ある朝、妻が掃除をしている時床に何か落ちているのを見つけた。私は、ジュンセアというエアプランツの種だと思った。その直ぐ側に置いてあったのだ。
In one morning, my wife found something on the floor while vacuuming the floor. I thought they are seeds of an air plant Juncea located near the spot.

去年の秋から幾つかの種鞘を付けており、種が出てくるのを待っていたのだ。ということで、私は指で丁寧に集めてティッシュに包んでおいた。すぐに出かけなくてはならなかったのだ。
They were bearing several seed pods since last autumn and I have been expecting seeds coming out. So I carefully collected them with my fingers and wrapped in a sheet of tissue paper as I was about to going out.

外出中、妻からメールが届いた。私の幸運を祝ってくれたのだ。妻は写真を添付してくれた。 なんと、クソ〜! あの黒いつぶつぶは芋虫の糞の乾いたものだったのだ。芋虫はエアプランツの隣においてあった亀甲竜の葉を食べていたのだ。
While I was out, my wife sent me a mail celebrating my good luck. She attached a picture of this. Oh, sh*t! The black particles were the dried waste of a caterpillar. It was eating leaves of the elephant's foot located next to the air plant.

数日後、妻はもう一匹の芋虫を亀甲竜のツルの上で発見した。これで最後だと祈る。
A few days later, she found another one on the vine of the elephant's foot. Hope this was the last one.

2017/07/26

新入り達 New members

2017.7.26
うちの水槽に2種の新入りを迎えた。先日の不注意な水換えでカージナルテトラが激減してしまったからだ。1つはゴールデンアカヒレ。これは丈夫で広い範囲の水温に耐えるので前から欲しかった。金色は映える。
I introduced two kinds of new members in my aquarium. It is because many cardinal tetras died because of my careless changing of water the other day. 
One of them is this Golden White Cloud Mountain minnow. I wanted to get them sooner since they are robust and can tolerate wide range of water temperature. This golden ones look good, too.

それからアピストの一種も入れた。店の女の子がこれは気が荒いのでアカヒレと一緒にするのは勧められないと親切にもアドバイスしてくれた。
I also bought this, a kind of Apistogramma I think. A girl at the fish shop kindly warned me that this type is rough natured, and are not recommended to mix with the Golden White Cloud Mountain minnow.


感謝したが結局両方買った。私の水槽には既にブルーテトラ、これも気が荒い、がいる。入れた時はこの二種類はお互いに威嚇しあっていた。しかし、解決策を見つけたようだ。アピストは岩の間に殆ど隠れていて餌がある時以外出てこない。ブルーテトラは相変わらず水の中を乱暴に及び回っているが、アカヒレは素早く交わしている。
I thanked her and anyway I bought them all. In my tank there are this blue tetras shown below. They are rough tempered too. After I get them together, these two types of tough guys were intimidating each other. It looks like they found a solution. The Apisto's are mostly hiding between the rocks and come out only they sense smell of food, and blue tetras are swimming wildly as before, and the golden ones are swiftly dodge.

2017/07/14

開花 Blooming

2017.7.14

6月は旅行で暫く留守にしていた。植物たちはそんなことおかまいなしに元気である。多肉やサボテンは花をつけている。
I was away for a while in June while I was traveling. Regardless of my absence, the plants are fine as usual. My succulent and cacti are blooming.



これは今シーズン2回目の花を準備している。
This is preparing the second flower in this season.

この花は見落とした。気がついた時には終わっていたのだ。
I failed to see this flower. When I noticed it was over.